魔法つかいプリキュアミュージカルショー@メルパルク大阪

    またしてもTV放送の感想を連続してサボっていますが、9/24(土)に魔法つかいプリキュア!のミュージカルショー大阪公演を観てきました。

    今年は先に劇団飛行船によるミュージカルを観ていたのですが、やはり大阪公演は特別感があります。
    今回は初めて1階席で観賞し、至近距離で子供たちがプリキュアのダンスを踊る様が見られたのは印象的でした。
    ※前回観賞時エントリー「魔法つかいプリキュアミュージカルショー@立川りするホール」

    またプリキュア達の変身場面において、変身後のキャラクターが通路に登場する時があったのですが、ふと気づくと自分の席のすぐ近くにキュアフェリーチェが居た衝撃も、かなりのものでした。スポットライトが当たるまで気付かなかった。

    プリミュ大阪公演は昨年まで梅田芸術劇場という大きな会場で、テーマ曲歌手をゲストに招いて盛大に行われていたのですが、今年はメルパルク大阪という、比較的小さな会場でした。
    梅田芸術劇場以外での開催は、記憶ではスイートプリキュアの時のシアターBRAVA以来だったでしょうか。

    私の邪推ですが、昨年のGo!プリンセスプリキュアミュージカルショーの客の入りが悪かったことが影響したのではないかと思っています。
    ※去年のミュージカル感想は、書き掛けのままになっています。当ブログではよくあることですが。
     「Go!プリンセスプリキュアミュージカルショー@大阪梅田芸術劇場 (その1)」

    さらに他の方のTwitterコメントで気付きましたが、今回はDVD化用の撮影機材を会場で見ませんでした。
    他の公演で撮影した可能性もありますが、もし例年発売されるミュージカルのDVDが発売されないとなれば、やはり寂しいものです。

    プリキュアシリーズ自体の人気が無ければ、イベントもいつまでも同じ様に続くとは限らない。
    当たり前のことですが、改めてそのことを意識してしまいました。
    着ぐるみとはいえ、プリキュア達の活躍が直に見ることが出来る楽しいイベントですので、気になる人は是非どこかの公演に足を運ばれることをお勧めします。

    なお肝心のショーの内容についてですが、モフルンの意外な活躍?や、2名のシークレットゲストの活躍などもあり、とても楽しいものでした。
    個人的には、ミュージカルオリジナルの敵であるカレンチール様の、左右非対称のファッションがお気に入りです。

    感想:魔法つかいプリキュア!第30話「魔法の自由研究!が、終わらな~い!!」

    高校野球から関西が解放された今回、改めてムホーと魔法の対比を強調してきましたね。
    今後のテーマに繋がるのでしょうか。

    補習メイトのジュン・ケイ・エミリーはそれぞれ自分の夢を見つけていましたが、
    それがリコを不安にさせる展開。

    立派な魔法つかいになっても、それは職業じゃないですからね。
    まるで博士号を取っても就職が難しい、現代日本の様な悩みです。
    そういえば映画に出てきた魔女ソルシエールさんも、最後は教師になりたい様なことを言っていましたっけ?

    それにしても、アーティストを目指すジュンは凄い。
    一休さん「ではまず、その油絵の中のみらいとリコを出して下さい。」

    ハピネスチャージの映画で真面目にバレリーナを目指す少女を演じた堀江由衣さんは、このおふざけ白鳥の湖に何を思う。



    今回新たな敵として2人が登場しましたが、まだ顔見せ程度でプリキュアと戦うのはラブーでした。
    (ラブー大丈夫か?もうすぐ用無しにならない?)

    ラブーは魔法について、習得するのに勉強(努力)が必要であり、かつ出来ることが限定的であることを馬鹿にしていました。
    一方で自分達の使う、道理を超えた大きな力「ムホー」を凄さを誇っていましたが、フェリーチェの力だけはそれに似ているとか。
    この点ははーちゃん本人も不思議がっており、どんな謎が隠されているのでしょう。

    そして魔法の源流は、何等かの形でムホーを知った人類が、自分達なりに真似をして編み出したものなのでしょうか。
    人間としては、努力して生み出される魔法の力を応援したくなります。
    となると、道を踏み外したとはいえドクロクシーの過去の努力が、何らかの形でムホーへの対抗に役立って欲しいものです。

    実際ラブーは、ミラクル・マジカルの技では倒すことが出来ず、エメラルドリンカネーションでないと退けられませんでした。
    レインボーキャリッジはともかく、そろそろ2人には新しい武器(玩具)が必要な時期ではないでしょうか。
    世の親御さん達、お覚悟はよろしくて?

    感想:魔法つかいプリキュア!第27話「Let's エンジョイ!魔法学校の夏休み!」

    ドクロクシーの残党(ヤモー)が倒され、いよいよ新展開ですね。
    まあ、ミュージカルではカレンチールとかいう奴のお陰で、ほぼドクロクシーの部下たちが復活していましたが。

    more...(続きを読む)

    魔法つかいプリキュアミュージカルショー@立川りするホール

    今年のプリキュアミュージカル、8/2に立川りするホールで観てきました。
    (午前の部。2階席前方のA席でした。)

    今まで大阪でのショーしか観てきませんでしたが、大阪公演が例年より少し遅いため、先に劇団飛行船さんのショーを観劇しました。飛行船さんのショーは初でしたが、あまり違いは感じませんでしたね。

    ストーリー詳細は書きませんが、園崎未恵さん演じるカレンチールという敵や、フラワン?という妖精など、ミュージカルショー恒例のオリジナルキャラの他、訳あって復活したガメッツ、スパルダ、バッティの三人組など、登場キャラクターも多くて賑やかでした。
    バッティさんは「あの姿には戻りたくない」と言っていましたが、やはり一度人格を持ってしまうと、元の動物には戻りたくないものなのですね。

    肝心のプリキュア側は、ミラクル・マジカルの二人はダイヤスタイルとトパーズを披露しましたが、フェリーチェはスタイル違いが無い分、少しだけ目立っていなかった気がします。
    アニメ本編では、割と美味しいポジションですが、こちらではストーリーの要はオリジナルキャラの方ですしね。
    さらに昨年のプリミュ同様、終盤には心強い助っ人も参戦しました。むしろ個人的には助っ人の活躍の方が盛り上がり、嬉しかった位でした。

    劇の展開的には、バトルシーン(顔や腹部を狙う強烈なパンチ、キックが魅力)、クイズコーナー、モフルンの意外な活躍など色々ありましたが、敵幹部の歌のシーンが多すぎるなど、やや序盤~中盤がまどろっこしい印象もありました。
    最初は楽しかったですが、同日に続けて午後の部を観る気にはならなかったので、次は大阪公演の時に観賞しようと思います。

    ちょっとだけネガティブなことも書きましたが、プリキュア好きな子供たち(や大人たち)にとって、十分楽しめるものだったと思いますので、まだ見ていない方は、ぜひ一度観てみることをお薦めします。

    nonbon(ノンボン)

    nonbon

    30歳くらいのプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ(タブ)

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク