感想:魔法つかいプリキュア!第14話 「みんな花マル!テスト大作戦!」

    みらい みらい みらい
    みらい みらい みらい
    みらい みたい みらい
    みらい みらい みたい

    more...(続きを読む)

    感想:魔法つかいプリキュア!第12話「満天の星空とみらいの思い出」

    十六夜リコさんは、あんな子ですけど一応座学は得意だから、ナシマホウ界の学校教育には適性ありそうな気がするんですよね。

    あらすじなどは、下記公式サイトをご参照下さい。
    朝日放送 第12話あらすじ (はーちゃんの絵が可愛い)

    呼び名が違うとは言え魔法界にも同じ星座があるってことは、ナシマホウ界と空は繋がっているんですね。
    異次元の世界じゃなかったのか…。

    夜空に雲がかかっている時、雲を抜ければいいじゃないか…と思っていたら実際そうしましたね。
    もしかして魔法で周囲に空気層を作れれば、宇宙までいくことも可能なのではないでしょうか?

    私は星を見るのは好きなのですが、星座はほとんど覚えていないので、そういう知識を持った上で星空を楽しめる人を羨ましく思います。
    プリキュアを観た子供が星に興味を持ち、星座や宇宙の魅力に気付けば嬉しいです。

    そして今回はつい本音が出ていましたね。
    せっかくのルビーの力が…やはり魔法より力に頼る戦士だったんでしょう。

    その他、はーちゃんが以前よりさらにガンガンしゃべる様になりましたね。
    この成長速度なら、遠からずみらい・リコの精神年齢を超えてしまうのではないでしょうか?

    次回はリズ先生もやってきてのBBQですか。楽しそうでいいですね。
    どんどん魔法界の人間が来ると魔法の存在がバレないか心配ですが、今の時点で既にガンガン魔法を使いまくっているから、もうそんなことどうでもいいのかもしれませんね。



    四十路男の失敗日記
    妹が「十六夜」と名乗っていることを知ったら笑うだろうな…

    確かに偽名としてはだいぶ恥ずかしいですが、如何にも中学性らしいセンスな気もします。
    というか、リズさんもナシマホウ界の言葉はあまり分からないのではないでしょうか?
    それとも簡単に行き来出来る位ですし、結構常識だったりするんでしょうか?

    感想:魔法つかいプリキュア!第5話「氷の島ですれ違い!?魔法がつなぐ友情!」

    今回はみらいとリコが喧嘩するエピソード。
    二人の性格が今まで以上に分かり、そして二人の関係も深まる大事な回でした。

    氷の島での湯沸かしの課題、せっかくみらいが彼女なりに工夫して協力を呼び掛けたのに、リコからしたら真面目な努力に思えなかったのでしょう。

    教師が「二人一組」ということで、成功したみらいと共に合格にすると言っているのに意地を張る所は幼さを感じさせますが、それは彼女が真面目な証でもあります。
    得しない性格なので、大人になるまでにもっと柔軟になって欲しいとも思いますが。

    今回はみらいがリコの努力に気付ける優しさを持っていたことに救われましたね。
    普通の子供同士の喧嘩なら、なかなか相手の努力を認めて仲直りするのは簡単では無いですが、性格真逆のその違いがいい方に転びましたね。

    徐々に二人+モフルンの中心キャラに食い込み始めたはーちゃんさんですが、過去に何度もいた(性格的に)幼児キャラの妖精ということで、私は少しだけ面倒な印象を受けました。
    突然泣き出して場の空気を壊す。しかしこれも二人にはいい効果が望めますね。

    プリキュア妖精に「お世話が必要」というパターンは多い気がしますが、子供のお世話したい欲求に応える目的なのでしょうか。
    こういうキャラクターが好きになれる人間でないと、子育てには向かないのでしょうかね?

    ところではーちゃんさんって、実は正体はリンクルストーンエメラルドだったりしませんか?
    (スマイルのキャンディがミラクルジュエルだったみたいなパターン)

    感想:魔法つかいプリキュア!第4話「魔法の授業スタート!ふしぎなちょうちょを探せ!」

    考えたって分かんないよ。直球勝負だ!
    (スマイルプリキュア!・キュアマーチ)

    考えてるだけじゃ、見つからないよ。
    (魔法つかいプリキュア!・朝日奈みらい)


    まず動き出すみらいと、考えこんでしまうリコ。
    性格真逆の2人、その違いが素敵だって今なら言えそうです。

    more...(続きを読む)

    感想:魔法つかいプリキュア!第2話「ワクワクの魔法学校へ!校長先生はどこ!?」

    皆さん、ごきげんよう。

    とっくに始まってますね、「魔法つかいプリキュア!」。
    1・2話ともに何とかリアルタイムで観れましたが、じっくりは観れていないので、ようやくみらいとリコ、ミラクルとマジカル、どっちがどっちか分かってきた位の状態です。

    そんな状態でもはっきり分かるリコのダメ人間さ加減には、強い親近感を覚えずにはいられません。
    補習を嫌がり校則を破って人間界(ナシマホウ界)に来て、リンクルストーンで何とかしようとする姑息な発想、魔法に失敗しても、まずその事実を認めずに否定する癖、本当に人間臭くて素晴らしい。



    そんな小物感漂う小娘からのリンクルストーン奪取に失敗したバッティさん。
    羊っぽい上司?に報告するも、まともに話を信じて貰えず、結局伝説の魔法つかいと再戦に向かいます。

    これは組織としては最悪ですね。
    せっかく下っ端が問題を報告してるのに、批判だけして個人に抱え込ませるとは。
    今年は悪の組織も悪い意味で人間臭くて、夢があるんだか無いんだか。



    理由は分かりませんが、朝日奈みらいも魔法のステッキを手に入れて、ダイヤモンドエターナル?とかいう必殺技でヨクバールを倒した二人。手を握りあい、白と黒の雷撃がほとばしる所は、とてもマーブルスクリューっぽかったですね。

    初勝利を経験し、スイートプリキュアのバリトンに派手な服を着せたような校長とコネも出来た二人は、今後どの様な活躍をしていくのでしょうか。とりあえず目標というか、ゴールがまだ分からない!



    巷(私の見ているプリキュアファンの感想)では、モフルンの人気や、リコさんの名字なんかが話題になっているようですね。

    モフルンさんの人気で作品も注目されればプリキュアファンとして嬉しいことです。
    「我が名は…」とか言い出さなければ良いのですが。

    リコさんの名字が明かされないことには、何か意味があるのでしょうか。
    魔法の国には名字という文化が無いとか、重要な人物と同性だとか。
    もしくは特に意味もなく、ある日急に明かされるか。



    ところで魔法つかいプリキュアの新しい応援スマホアプリにまだ慣れません。
    番組中に2回応援タイムがあって、その間に応援しないとプリキュアの3Dモデルが貰えないそうですが、第2回目にしてもう応援タイムを逃してしまいました。
    アニメを観るのに集中出来ないので、仕様を変更して貰えないですかね。


    それでは今回の感想はここまでです。
    次回第3話「魔法商店街でショッピング!目覚めるルビーの力!」を楽しみに待ちましょう。


    ■他ブログ様のプリキュア感想
    四十路男の失敗日記

    >※実際の商品では浄化できません

    果たしてそうでしょうか。魔法のステッキですよ。
    実際に買って使ってみたら、我々のような大人のプリキュアファンは、浄化されて消滅してしまうかもしれません。

    nonbonノンボン

    nonbon

    30代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク