感想:キラキラプリキュアアラモード第17話「最後の実験! 変身できないキュアホイップ!」

    医者として海外で活躍する母からの手紙を受けて喜ぶいちか。材料選びに悩みながら、母へのクッキー作りに取り組もうとします。

    一方、間抜けにも正体がバレたジュリオ。
    なんだか対照的ですね。追い詰められている時は、幸せそうな奴が癪に障るものです。

    仕方がないので樹リオはキラパティチームの柱であるいちかのキラキラルを奪い取りますが、自身も家族のエピソードに反応していた?かも。まだ彼の背景はぼかしたまま話は続くんですね。

    キラキラルを失ったいちかは魂が抜けたようになり、お菓子作りからも興味を失います。

    そんないちかを諦めずにクッキー作りに立たせたのは、最近あまり目立っていなかったペコリン。
    ペコリンは初話から、いちかがお菓子作りの際に大切な心を込める様子を見ていたから、いちかを信じることが出来たのでしょうか。

    ペコリンに促され半ば無理矢理クッキー作りをさせられたいちかですが、その過程で母との楽しい経験を徐々に思い出していきます。それはお菓子を作る時に、自然と食べて貰う人のことを考えるからでしょう。

    キラキラルを奪っても、それが人を想う気持ちから生まれるのであれば一時的なことに過ぎず、寧ろ改めて母への気持ちを確認した分、いっそう強くなってパワーアップしてしまいました。
    戦列復帰したキュアホイップが、初手で無言でジュリオに攻撃するシーンは思わず笑ってしまいました。容赦ないですね。

    プリキュアから奪ったキラキラルでプリキュアの攻撃をコピーした彼も流石に押し返しきれず、逃げることも叶わず必殺技の餌食になってしまいます。

    ケーキに押し潰されて圧死してしまうのかと残酷な心配をしましたが、流石にお菓子で死者を出すようなことはありませんでした。(長老も死んだわけではないと解釈します。)

    といって完敗したジュリオが改心する訳でもなく、なんだかんだ言って逃げ去って行きました。
    どなたか新キャラ(ビブリーさん?)も仰っていましたが、本当に無様ですね。新キャラ含め、今後どうなっていくんでしょうか。

    感想:キラキラ☆プリキュアアラモード第2話「小さな天才キュアカスタード!」

    そう、お菓子作りは科学なんだ。

    キラキラルなんていう観念的なものじゃなく、誰が作っても再現性のある美味しさが欲しい。
    それさえあればムシバーンさんも死なずにすんだかもしれない。

    昨年に続き第1話感想を書いていませんが、ちゃんと?プリアラを観ています。

    肉弾戦廃止?あんなの初めから嘘だと思ってました。
    まあキックする時に足の先端がクリームに覆われていたので、科学的に言うとあれは肉弾戦に含まれませんが。

    私は今作ではキュアジェラートが一番気になっているのですが、今話登場のキュアカスタードも可愛いですね。
    大きなリスのしっぽと足の速さが特徴。科学を極めて究極のスイーツを作って欲しいものです。

    ところで今年のプリキュアはSD2人体制という珍しい布陣で、そのうちのお1人である貝澤幸男さんは以前、貧乏姉妹物語というアニメのSDをされていた方でした。

    貧乏姉妹物語は私の好きなアニメの1つで、私が使うキュアピーチのアイコンは原作者かずといずみ先生に描いていただいたものです。
    自分の好きな作品に関わってらっしゃった方が参加されているということで、今年のプリキュアは例年以上に肩入れしたい気になっています。

    まだ始まったばかりでどんな作品になっていくか分かりませんが、プリキュアシリーズの実績と貝澤SDを信じて、これから1年間しっかり楽しんでいきたいと思います。

    nonbon(ノンボン)

    nonbon

    30歳代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ(タブ)

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク