大森真理子バースデーワンマン@渋谷MilkyWay 2014/8/24

    大阪梅田のプリミュ感想より先に
    フルートを奏でるシンガーソングライター大森真理子さんのバースデーワンマンレポート書いときます。



    大森さんの誕生日は8/21、
    ハニーの日です。

    彼女は毎年17歳になるシステムですが、
    実年齢は約8カ月遅れで私と同い年に
    なられたようです。

    そんな彼女を祝い、共に楽しむために
    渋谷に大勢の人が集まりました。

    ぎゅうぎゅう詰めの会場には
    大森真理子さんと親交のある
    複数のミュージシャンの方の
    姿も見られました。

    私は入場後すぐに新しいCD、
    「Sympathy」とライブ会場限定の
    「Honey 30」をセットで購入しました。
    (30の意味はご想像にお任せします。)

    席は全て埋まっていたので私は左端に
    陣取ったのですが、スピーカーが邪魔で
    バンドメンバーがよく見えず、
    少し残念でした。
    (安保一平さんは表情まで良く見えましたが。)

    今回は総勢10名という大人数での
    気合いの入ったライブでした。
    とても聞き応えがあり、
    幸せな時間を過ごせたと思います。

    ライブ開演待ち時間には大森さん
    本人が編集されたバンドメンバーの
    ビデオがスクリーンで写される
    結婚披露宴の様な空気。

    セットリストをはっきり覚えては
    いませんが、最初の曲は私の好きな
    「アイスティーとソーダ水と
    君と僕のSunday morning」で、
    これから始まる幸せな日曜を
    思わせる気分になりました。

    他にも新譜の「プラネタリウム」や
    「きっと明日はSunny Day!」など
    を歌われ、一つ一つの歌から
    彼女の歌への真摯な思いが
    伝わってきて、こちらまで
    シンガーソングライターとして
    同じ人生を歩んできたかの様な
    (大袈裟!)不思議な感覚になりました。

    一方、大切なライブなのに
    大森さんは今回も色々と
    やらかしてました(笑)。

    お札の肖像画を間違えたり、
    お客さんに柿の種をおもいっきり
    投げつけたり、ゴルゴ30とか(笑)。
    そんなおっちょこちょいな
    部分も彼女らしいという
    所でしょうか!?

    このライブを通じ、
    スタジアムでライブをしたい
    という彼女の夢を、こちらも
    一緒に見ることが出来る様に
    なったと思います。

    最後にライブ後のサイン等の
    ファンサービスですが、
    あまりに時間が押していたので
    会場外の階段踊り場で続行と
    なりましたが、それでも
    しっかり1人1人と向き合って
    話し合う所は流石でした。

    私は誕生日プレゼントの
    神戸ワインを渡した後に、
    ポスターにサインを
    いただきましたが、
    私の滑舌が悪いせいで
    最初は名前を"のぶ"と書かれ、
    わざわざnonbonと
    書き直していただきました。
    時間無い中ご迷惑をお掛けしました。

    ライブ中もサプライズケーキで
    お祝いされていましたが、
    改めて大森真理子さん
    お誕生日おめでとうございます。

    それでは。
    関連記事

    comment

    Secret

    nonbon(ノンボン)

    nonbon

    30歳代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ(タブ)

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク