感想:Go!プリンセスプリキュア第42話「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!」

    母に憧れモデルとしての成功を夢見る天ノ川きらら。

    42話はそのきららの心に迫る、好感の持てるエピソードでした。





    何だかよく分かりませんが、ジャパンコレクションとかいう大きなファッションショーに出演するチャンスを掴んだきらら。
    今回のJCはニューヨーク開催だそうです。

    きららはジャパンコレクションに向け公私(仕事とプリキュア稼業)とも大いに意気あがり絶好調ですが、そんな彼女に事務所の社長が、付き人的に後輩の新人モデルである「明星(あけぼし)かりん」を付けてくれます。

    中学生にして既に知名度もあり、モデルとして成功しつつあるきららを前に緊張するかりん。

    彼女は過去に落ち込むことがあった際、雑誌の表紙に載っていたモデルに憧れて自身もモデルを目指す様になったそうです。
    この時点できららは気付いていませんが、かりんの様子から彼女の憧れたモデルが誰かは感じ取れます。

    きららの力になろうと、彼女が好きなドーナツを自分で作って持ってくる甲斐甲斐しいかりん。
    どうやってあんな巨大なドーナツを揚げたんでしょうか?



    いよいよニューヨークへ向かう日。かりんの他に、はるかやみなみさん、トワちゃんなど友人達が空港まで見送りに来ます。

    しかしそんな時に襲来するストップ、フリーズ。強い夢を見つけて檻に閉じ込めようとします。
    このシーン、一瞬きららとかりんのどちらが狙われるのかと思いまいしたが、ストフリの2人が狙ったのはかりんでした。

    かりんの夢は、憧れのきららの様なモデルになること。
    ストフリが目をつける程に強いその夢を、檻に閉じ込められ際にきららも知ってしまいます。

    かりんの夢は、きららの様なモデルになること。
    そしてそのことを、「見る人に夢を与えられる様なモデルになる」とも言い換えていました。
    彼女自身きららから夢を貰い、自分も同様に夢を与えられるモデルになりたい。
    そんな気持ちを、夢を与えた側であるきららは思わぬ形で知ってしまいました。
    (きららと同じポーズを取るかりんの姿が、とても胸に来るシーンです。)

    飛行機の出発時間が迫っており、当初はフローラ達3人にゼツボーグとの戦いを任せて空港に向かうきららでしたが、かりんの夢を知ってしまった今、きららにそれは出来ませんでした。
    きららは踵を返し、キュアトゥインクルとしてゼツボーグとの戦いに臨みます。

    物語の展開上は、モデルとしてのチャンスと、自分に憧れる少女を救うことを天秤に掛けざるを得ない場面。
    似た様な展開は5gogoのうらら回や、スマイルプリキュアのれいかさん留学回でもありましたが、今回のきららも、自身の夢では無く、かりんを助けることを優先しました。

    ここは人によって感じ方が違うのでしょうし、何を選ぶかはまったく個人の感性によるものでしょうが、当初私としては、フローラ達仲間を信じてかりんのことを託し、夢に向かって進むのでも良かった様に感じました。

    しかし、ここできららの台詞として「りんりんの夢は私が守りたい」というのがありました。
    そして「夢を守るのがプリンセスプリキュアの使命。そして私はプリンセスプリキュアだから。」と続けました。

    夢を追うのは自分の感性を信じるからでしょうが、自分がどうありたいかを考えた結果、自分に憧れる彼女を守るという選択をしたのでしょう。合理的ではありませんが、間違った判断だったとは言えない様に思います。
    自分がどうありたいかというものが、「夢」の本質でしょうから。



    話の流れとは別の見所として、今回ゼツボーグとの戦いの中でトゥインクルの新しい技「プリキュアギャラクシーコーラス」がお披露目されます。

    指先で銀河(!)を回して、そこから無数の星を敵に降り注がせる非常にスケールの大きな技ですが、技の前口上がちょっと気になります。

    「シャランラ 銀河よ!」
    シャランラって。

    ※因みに本当にどうでもいい余談ですが、銀河の腕は構成する星々とは異なる速度で回っているという話を、そういった研究をしている人から聞いたことがあります。(うろ覚えだし、専門家じゃないので間違っていたらすみません。)
    なんでも銀河の腕の回転は、星々が銀河を公転する時の粗密分布の流れだそうで、星は腕の中を通る時と外を通る時で、重力の違いにより銀河中心に対する回転速度が異なるそうです。自動車の渋滞の様な感じでしょうか。
    本当にどうでもいい余談ですみません。

    閑話休題

    トゥインクルが個人技を見せても、結局はモードエレガントロイヤル状態の4人でグランプランタンを使ってゼツボーグに止めを刺します。まだクリスマス前だし、プリンセスパレスを目立たせるためには、個人技で終わらせる訳にはいきませんもんね。

    助け出したかりんちゃんは、意識が朦朧としたまま「頑張って下さいね、きららさん。」と呟くのですが、そんな彼女を抱きとめるトゥインクルの頭上を(恐らく乗るはずだった)飛行機が飛んで行くシーンが切ない。



    きららの行為の結果、彼女はジャパンコレクションには出演できず、当然関係各所に迷惑を掛けたて信用を失ったので、彼女のモデルとしての立場は非常にまずいことになってしまいました。
    社長はきららを信じて事情があったのだろうと考えてくれていますが、だからと言ってきららの行為が許されることにはなりません。

    社長「海外どころか、今までの仕事も当分無くなると思ってちょうだい。当分ならいいんだけど…。」

    きららのことを気遣うはるはる達に対し、きららはかりんを守った判断を後悔しておらず、何度同じことがあっても同じ判断をしたと言い切ります。そこに嘘は無いのでしょう。

    今回はここまででこのままEDに入りますが、当然ここで終わりはしません。
    どういう結末になるかは分かりませんが、次週も今回の続きのエピソードになる様です。

    彼女自身の気持ちや考えもあるでしょうが、周囲の友人たちとの関係から先が拓けそうな気がします。

    正直に書くと、今回は物語に魅入られてEDに意識が向きませんでした。素敵なEDなんですけど。



    偉そうな書き方になりますが、今回のエピソードは「夢」の本質が良く描かれていた気がします。

    夢とは「自分がどうありたいか」というものでしょうから、きららがショーを選択せずに、自分に憧れたかりんを守ったのは、夢を大切にする彼女としては当然のことだったのかもしれません。

    一方で、モデルとして成功したいというのも彼女にとって譲れないものであるなら、今回のダメージは計り知れません。
    しかし、きららがただ単に「選択」をして、その結果を受け入れるだけということにはならないでしょう。

    彼女の夢への愛は強く、しかも今の彼女には支えてくれる友人や仲間もいます。
    また、彼女から夢を貰ったかりんも、彼女の活躍を心から期待しているはずです。

    今からとても次回放送が楽しみです。天ノ川きららが、この辛い状況でどう夢と向き合うのか。

    それでは今回の感想はここまでです。


    ~~他ブログ様感想ご紹介~~

    真・南海大決戦

    しかし、それでは「幸福の王子」と同じバッドエンドになるだけ。
    そのままではいけない…だからこそ、この話は次回へと続くのです。


    なるほど、いくら自分で選んだこととはいえ、それで自身が不幸になってしまうのでは、それで良しとはなりませんね。
    では、次回は何が描かれるのでしょうか?

    菱川六花さんが当初、相田マナ=幸福の王子説を唱えたドキドキプリキュアでは、最終的に宝石を与えられる側に当たる周囲の人々が、互いに助け合う様になりました。

    誰かが抱え込むのでは無く、周囲の支えがキーになりそうですね。
    その“周囲”には、プリキュアの仲間たちの他に、きららから夢を与えられた明星かりんもきっと含まれるのではないでしょうか。

    因みに引用部分の後に書かれていたドーナツに関する考察ですが、個人的にそこにあまり深い意味は無いのではないかと思いますが、如何でしょうか。まあでも、何気ない描写にも意味を考えるのは面白いですよね。

    関連記事

    comment

    Secret

    trackback


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Go!プリンセスプリキュア 第42話「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道」

    Go!プリンセスプリキュアの第42話を見ました。 第42話 夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道 売れっ子モデルのきららは一流の人気モデルだけがステージに立てるという「ジャパンコレクション」のメインモデルのひとりに選ばれた。 このショーに出演すれば、海外進出のチャンスも広がるということで海外で活躍するトップモデルを目指しているきららは大はりきりしていたのだが、ストップ...

    Go!プリンセスプリキュア 第42話「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!」

    お仕事いっぱい、知名度もぐんとアップのきららちゃん。 ゆっくりドーナツ食べてるひまなしの大人気。 そんなきららちゃんにビッグチャンス到来! 世界的ファッションショー、ジャパンコレクションのメインモデルに抜擢。 ニューヨークでの舞台と聞いて、一段と気合が入るきららちゃん。 プリキュアで敵さん浄化したらすぐお仕事^^; 後輩モデルのかりんちゃんはきららちゃんに憧れてモデル...

    Go!プリンセスプリキュア 第42話 夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道!

    残り話数は今回を入れて9話…いや8話か。 今回は、天ノ川きらら嬢のまとめの前半戦「きらら、ぷりやめるってよ」 きらら嬢に、モデルとしての栄達の道がひらけようとしていました。 「ジャパンコレクション」なる、世界的なファッションショーのモデルに選ばれ。 夢であっ...

    Go!プリンセスプリキュア 第42話感想

     「Go!プリンセスプリキュア」第42話「夢かプリキュアか!? 輝くきららの選ぶ道!」の感想です。

    Go!プリンセスプリキュア #42「夢かプリキュアか!?輝くきららの選ぶ道」

    ダサい格好=ジャージという法則がこの宇宙にはあるのか…。

    nonbonノンボン

    nonbon

    30代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク