工藤真由さん ご卒業おめでとうございます

    2017年4月15日
    柏DOMeで行われた工藤真由さんの芸能活動卒業ライブに行ってきました。

    タイトルにも書きましたが、まずは工藤真由さんご卒業おめでとうございます。
    今まで歌や演技を通じて、沢山の喜びと幸せを頂きました。ありがとうございます。
    そして今後、幸せなご家庭を築いていかれることを、心から願っています。



    実は私はライブ当日チケットを家に忘れたことを会場前で気付いたため、取りに戻ったことで2時間程遅刻しました。我ながら酷い。
    極めて痛いミスでしたが、心の中で「あきらめない、負けない!(yeah!) 」などと思いながら、折れそうな心を立て直して何とかライブ後半には参加出来ました。

    入口で「かなりギュウギュウですが」的なことを言われて中に入ると、会場は完全に満員だったため、私は会場に降りる階段上でライブを聴く羽目になりました。(会場は1階で、2階から降りて入っていく構造です。)
    私以外にも階段に座るファンは何名かおり、中々ハードな環境で逆に楽しかったでしょうか。
    かなり無茶な枚数のチケットが販売されたんでしょうが、購入希望のファンが1人でも多く入れたのであれば、それは嬉しいことです。

    私が入った時は、ゲスト参加された方々とキュアカルテットとして「プリキュアモードにSWITCH ON!」を歌われる所でした。
    豪華なゲストとの共演は素敵でしたが、前半の工藤真由さんお1人での歌唱を沢山聴きたかった!
    完全に自業自得なので、不満をぶつける先が無い。

    私と違ってちゃんと最初から参加した方々がセトリ等を書いてらっしゃいます。羨ましい限りです。
    ぷりにくさんのブログ
    ruby_gillisさんのブログ

    急に話が過去に飛びますが、私が初めてくどまゆさんを見たのは確か2011年夏のスイートプリキュア♪ミュージカルショー大阪公演だったと思います。(余談ながら、くどまゆさんと書くか工藤真由さんとフルネームで書くかいつも迷います。)

    その時は「可愛い人だな」という様な感想をもった様な記憶がありますが、その以降の思い出せるイベントで古いのは、2013年夏の「ひめマニア」という愛媛で開かれたイベントでした。その時の工藤真由さんは中々声が出せず歌い難そうだったのが素人ながらも感じました。

    結局それ以降、私の印象としては工藤真由さんの声が完全に戻ることは無かったと感じています。
    最近はかなり戻っていましたし、出せる声で歌うことで十分熱いライブを行ってきてらっしゃいましたが、ライブへの影響はきっとあったのではないかと勝手に思っています。

    他の方も書かれていますが、私も昨年の工藤真由さんのバースデイワンマンライブはかなりお客さんが少なくて衝撃を受けたことを覚えています。
    如月ジュンさんブログ

    とても残念なことだったので書きにくいことだったのですが、ご卒業に際して、自分がこれまで実際に感じたことを素直に書こうという気になりました。

    声が中々思い通りに出せないことは工藤真由さんご本人も度々言及されており、ご本人の談によると2011年の震災の時のストレスが影響したものとかだったと記憶しています。ただ、以前から非常に熱く歌い上げる方だったので、それが喉に負荷になってしまっていたのではないか、そしてそれがライブのお客さんの人数にも影響したのではないかと、これも私が勝手に想像していたことです。
    なお、私自身は工藤真由さんのライブは心底楽しめていました。最近まで関西在住だったので頻繁には行けていませんでしたが、工藤真由さんのライブは、私にとって大きな楽しみでした。

    今回の卒業ライブで工藤真由さんは「声が戻った」という様なことを仰られた後、「それを決めるのは自分じゃない、皆さんです。」という様なことも仰っていました。
    大変失礼ながら、声のこと、そして去年のワンマンライブでのお客さんの入りなどが今回のご卒業の判断に繋がったのではないか、きっと色々と葛藤があったのではないかとも邪推しています。

    ~~~追記~~~
    私の邪推はご本人のブログで明確に否定されました。
    土下座してお詫び申し上げます。
    工藤真由さんご本人のブログ
    だから、自分に自身がなくなったからとか、そういうマイナスな事は決して思ってないしそんな理由では決してありません!!!!!!
    誤字に親近感を覚える
    ~~~~~~~~~

    しかし実際にそれらがどうであったにせよ、工藤真由さんは結婚されて確かに幸せになり、新たな夢に進まれることを理由にご卒業を決心をされました。
    これまでライブを通じて真面目で熱い心を見せてきた彼女なので、きっとこれからのご自身の幸せも一生懸命向き合ってゆかれるのだと思います。そういう人間的な魅力も、私がまゆともになった一因でした。

    結局何が書きたいのか自分でも分からなくなりましたが、ここ数年の浅いファンながら、工藤真由さんの活動を最後まで見せて頂くことが出来て、ライブを通じて楽しく熱い時間を貰うことが出来て、その力を感じることが出来て、とても幸せでした。

    改めてありがとうございました。
    そして是非、新しい夢を叶えて下さい。
    関連記事

    comment

    Secret

    nonbon(ノンボン)

    nonbon

    30歳代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ(タブ)

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク