声ガール!3話感想 シンプルなエピソードの連続で気軽に観られるドラマ

    プリキュアとのコラボレーションを標榜するドラマ「声ガール!」
    第3話を観ました。

    このドラマはひょんなことから声優を目指すことになった少女・真琴(福原遥さん)の奮闘の物語ですが、1話からここまで1つのエピソードを引っ張る様なことは無くサクサク話が進むため、気軽に観ることが出来る内容になっています。

    今回は真琴が初の仕事(ガヤ)から評価をされて、役名(少女G)のある仕事を貰うエピソードでした。

    浮かれて台本の自分のセリフ"のみ"をチェックするシーンを見て不安を感じていると、案の定やらかしてしまう展開に。

    しかし同じ寮に住む同じ事務所の仲間達とのやり取りを通じて、真琴が自分で失敗の理由に気付くよくある解決の流れになり、嫌な感じが残らないうちに解決します。
    いい意味でも悪い意味でも、シンプルかつ早い軽い展開なので、観ていて疲れることはありません。

    真琴に駄目出しする人物も、最初は理由も言わずふてぶてしい態度でやり直しをさせる、分かりやすく嫌な奴として出てくるのですが、結局はやり直しさせられるだけの理由も明確になり、最後は努力を認めてくれるシーンにより後味の悪さも残りません。

    ドラマのメインキャスト陣によるEDダンスで他の出演者と比べた背の高さが話題の戸松遥さん(が演じる声優・戸松遥という人物)は、本編では毎回新人声優の真琴との会話で演技に関するコメントを引き出し、最後には自身のラジオで"答え"にあたることを言ってくれる面白い役どころです。

    散々書いている通り、気軽に観られて福原遥さんや戸松遥さんの演技が堪能出来る、ある意味良いドラマなので、皆さんもぜひ観てみて下さい。
    因みにプリキュアとのコラボ要素は雑です。
    関連記事

    comment

    Secret

    nonbonノンボン

    nonbon

    30代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク