嬉しいこと・悲しいこと

    今日は私にとって
    嬉しい出来事と悲しい話がありました。


    まず嬉しい出来事は、先日プリキュアオールスターズNewStage2
    を観に行った際に思ったことについて、キュアハート役だった
    生天目仁美さん(とプリキュアとは特に関係ない浅野真澄さん)
    の出演されているwebラジオ「HiBiKi当千」にメールを送ったのですが、
    今日4月11日の第36回更新で私の送ったメールが読まれました。

    〈※2015/3/23追記:驚くことに浅野真澄さんもGo!プリンセスプリキュアにて海藤みなみ・キュアマーメイド役でプリキュア声優となられました。〉

    この様なwebラジオで自分のメールが読まれるのは初めてだったため、
    生天目仁美さんが「ノンボン」と私の名を読まれた瞬間非常に驚き、
    また何故かとても恥しい気持ちになりました。

    私がメールを読まれたHiBiKi当千の第36回は
    「響」というwebサイトで聞けますので、
    もし宜しければ聞いてみて下さい。


    一方悲しい話とは、ストライクウィッチーズ関連の小説、
    「スオムスいらん子中隊」シリーズの作者である
    ヤマグチノボル先生が今年4月4日に亡くなられたことを
    今日webニュースで知ったことです。

    ヤマグチノボル先生の作品はいらん子しか読んでいませんが、
    いらん子第3巻のあとがきに2009年初春発売予定と
    書かれた第4巻を心待ちにしていた者としてとても残念です。

    以前から闘病されており、厳しい状態であることも
    聞いていましたが、訃報に接したことで改めて心が沈み、
    何とも言えないやるせない気持ちになりました。
    今はただ、ヤマグチノボル先生のご冥福をお祈りします。
    関連記事

    comment

    No title

    おめでとうございます。
    送った文章が読まれるとうれしいですよね。

    去年の話ですがケロロ軍曹で冬樹役の声優さんが亡くなったのは悲しかったです。

    No title

    アルさん、こんにちは。

    >送った文章が読まれるとうれしいですよね。
    先のエントリーでも書きましたが、
    生天目さんに自分の書いたメールを読まれると
    嬉しいと同時に恥しい様な気持ちになりました。

    冷静に考えると現役のプリキュア役の人に
    自分の書いた物を読んで貰えるって
    プリキュアファンとして結構有難い話です。

    >去年の話ですがケロロ軍曹で冬樹役の声優さんが亡くなったのは悲しかったです。
    特に若い方が亡くなられると
    何とも言えない辛さがありますね。
    Secret

    nonbon(ノンボン)

    nonbon

    30歳代のプリキュアファン。
    ミュージカルやライブなど、
    プリキュア関連イベントにも参加。
                        
    アイコンは漫画家の
    「かずといずみ」先生に描いていただいたキュアピーチです。

    カテゴリ

    月別アーカイブ(タブ)

    ブログ内検索

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    アクセスカウンター

    ついったー

    最新記事

    リンク

    RSSリンク